きょうの修理

2020.09.02

本日はロッドの修理を取り上げます。アイテムは振り出し竿のリバティクラブ磯風 1.5-53K


ご依頼は折れてしまった#1節の交換と、折れた際に紛失してしまった不足ガイドの取り付けです。

普段SLPの技術スタッフが行っている作業手順もご紹介しますので、詳しく見ていきましょう。


まずは、#2固定ガイドを取り付けるのが先。

古い接着剤をカッターナイフで除去し、接着面をペーパーがけして滑らかに整えたら、しっかりガイドを取り付けます。



#2固定ガイドを取り付けたら、次は新しい#1節を入れていく作業です。

下栓を開けて、折れた#1を抜き新しい#1を入れて先から出します。



さらに#1節には誘導ガイドの取付け作業も必要です。ガイドをそれぞれ#1節へ通していきましょう。

このとき気を付けるのが、誘導ガイド同士の間隔。適正な間隔になるように、ガイドを通すパイプ部分の径を削りながら調整していきます。



間隔を調整し終わったら、あとはトップガイドをつけるだけです。これで作業は終了!


◆交換部品:#1節、不足ガイド複数

◆交換部品代:¥3,050(税抜)

◆手数料:¥1,000(税抜)


かかった費用は上記の通りでした。同じようにロッドが折れてしまってお困りの方は、ぜひ参考にしてみてください。



さて、今回は普段SLPの技術スタッフが行っている作業手順を、いつもより詳しく紹介してみました。いかがでしたでしょうか?

SLPはダイワのアフターサービスセンター。技術スタッフが、あなたの釣り具を大切に修理します。

ダイワの釣り具の修理・メンテナンスでお困りの際は、ぜひSLPにお任せください。