きょうのオーバーホール

2020.06.03


ぱっと見は綺麗なこちらのシーボーグLTD 200J

今回はおまかせコースでオーバーホールのご依頼です。


作業を担当する技術スタッフの動きが早く、着々と進めていくためすでに分解された画像からスタート!


内部まで分解してみると、下記画像のような状態でした。やはり持ち主の方はご自分のリールを良く分かってらっしゃるのか、クラッチレバー部をはじめ、少々構造が入り組んでいる箇所に塩分が残っています。

不具合が発生するより前に、タイミング良くオーバーホールにお預けいただいているのでしょうね^^



反面、このまま放置してしまうと塩ガミや錆、固着してクラッチレバーが動かなくなるなどの不具合につながってしまいます。しっかりオーバーホールしていきましょう。


すでに作動点検を行って分解した状態なので、次はパーツの洗浄です。塩分や汚れが残らないよう注意しながら洗浄していきます。

パーツが綺麗になったら、必要な部品は新品に交換して組み上げ……ですが、今回は交換パーツはなし! すべてのパーツを洗浄し、グリスアップをしながら組み上げ調整をして完成です。


◆交換部品:なし

◆手数料:オーバーホールPコース\5,000(税抜)


交換部品はありませんでしたが、内部の塩分残留が多くオーバーホールはP(プライム)コースの判断となりました。

それでも、ご請求金額はオーバーホール手数料のみ! シーボーグがしっかり綺麗になったうえ、お財布にも優しい結果になりましたね^^


今回は綺麗に見えても内部には塩分が残っている状態のシーボーグでしたが、不具合が発生する前のメンテナンスにより、再び快適に使えるように。

リールの良い状態を維持するためには、このようにオーバーホールを定期的に行うのが望ましいです。


ダイワの釣り具のオーバーホールや修理は、アフターサービスセンター・SLPが手がけています。

ご希望の方は、ぜひお気軽にダイワ製品お取扱店様へお預けください!