きょうのオーバーホール

2019.10.23


本日は「It’s ICV 150R」の作業依頼をご紹介!

実は、もともとオーバーホールの依頼ではなかったのですが……? 


なぜかバラバラのハンドル……でもそれだけじゃない? 


こちらのリール、依頼内容は「バラバラのハンドルを元に戻してほしい」とのことでした。どうやらご自身で分解したものの、組み直せなくなってしまった模様…… 

確かに、写真のとおりハンドル部はバラバラですが、SLP技術スタッフにとってはこのリール、ぱっと見だけでも気になる箇所がちらほら。 


まずメカニカルブレーキノブですが、色といい形といいぴったり……と思いきや、純正部品ではないですね。素敵ですが、受け側のねじ山とも適合しないようなので、交換します。また、あとで分解すると、フレームは割れていました。

点検をしてみると、ハンドルもスプールも回転がゴリゴリ。回すと明らかに不具合が発生しています。


ご予算とお見積りを比べると 


今回のお客様のご予算は5000円以内のようです。ご依頼のハンドルが組めない原因はネジ山の損耗だったので、これだけなら問題ありません。

しかし、こちらのリールは使いこまれているようで、フレームの割れだけでなく内部パーツの腐食、摩耗、性能低下など、パーツ交換とオーバーホールの必要がありました。 



ただし、このボリュームではお客様のご予算を大きく上回り、リールがもうひとつ買えそうなお値段に……! 


お見積りをしたところ、なんとそれでも直して使いたいとのこと。ありがとうございます!

オーナーさんの相棒として、きっと大切に使われてきたんですね。愛されているリール、大事に作業していきましょう^^ 


オーバーホールの結果は……? 


今回のオーバーホールでかかった費用と、交換した部品は以下のとおりです。 


◆交換部品:ハンドル、ピニオン、ドライブギア、ワンウェイクラッチ他

◆交換部品代:¥11,600(税抜)

◆手数料:オーバーホールPコース¥3,800円(税抜) 


オーバーホールの結果がこちら。

先ほどの画像よりずっときれいになりました! 回転もスムーズになったので、持ち主の方もきっと快適さに驚かれるでしょう^^ 



バラしたハンドルを組むだけの依頼かと思いきや、いつの間にか大仕事になっていた今回の依頼。

原因は、ご自身での分解やメンテナンス不足かもしれません……


リールは内部構造が複雑です! お客様ご自身での分解は、性能を損なってしまいます。

内部の部品は消耗品であり、グリスもだんだん古くなったり少なくなったりするもの。何かおかしいな? と感じたら、オーバーホールをおすすめします。


SLPは、ダイワのアフターサービスセンターです。

ダイワの釣り具の修理、オーバーホールはSLPが手掛けています。

お気軽に販売店様にお預けください^^


また、SLPには「会員サービス」も!

会員様限定の特別なサービスをご用意しております。

この機会にご入会してみるのはいかがでしょうか? 皆様のご入会、お待ちしております!