18イグジストはどこに注油したらいい?

2018.12.05


ある日、コールセンターに「18イグジストの注油箇所はどこ?」というお問い合わせが…

そういえばこの手のお問い合わせって意外と多い……! もしかして皆さんにお伝えするべきなのでは……?


というわけで今回は、18EXIST(イグジスト)の注油箇所をご紹介したいと思います。


注油箇所はたった2箇所


注油箇所は2箇所のみ! ベールの可動部とハンドルノブです^^

こちらの機種にはマグシールドが搭載されているので、ここ以外に注油の必要はありません。



ベール可動部は、“ベールの付け根とローターとの隙間”に、両側とも注油します。ハンドルノブは、“ノブの付け根”に注油。

ちなみに、16セルテートの注油も同じ箇所です! 注油する際は、ダイワ純正リールガードグリスをお使いください。



まとめ


18イグジストの注油箇所は覚えやすく、ベールとハンドルノブの付け根の2箇所のみ。マグシールド搭載機種のため、これ以外の箇所は注油しなくても問題ありません!

マグシールドのおかげでメンテナンスの簡単な18イグジスト。定期的にオーバーホールをすれば、高性能なリールをさらに長く快適に使うことができるでしょう。


SLPは、ダイワのアフターサービスセンターです。

ダイワの釣り具の修理、オーバーホールはSLPが手掛けています。

お気軽に販売店様にお預けください^^


また、SLPには「会員サービス」も!

オーバーホールの割引など、会員様限定の特別なサービスをご用意しております♪

この機会に、ぜひご入会ください^^