きょうのオーバーホール

2019.04.03


今回は「14リョウガBJ C1012PE-SH」のオーバーホールのご紹介です。


異音と引っかかりを解消!


修理カードによると大きな回転異音が発生しており、回転に引っかかりもあるよう……

そこで、不具合の解消と総合点検を兼ね、オーバーホールPコースを依頼されています。

では、さっそく作業をしていきましょう!


作動チェックとオーバーホール


作動チェックをしてみると、確かに回したハンドルがじゃらじゃら鳴ったり、たまに引っかかったりも……

リールを分解した結果、いくつか交換が必要な部品が見つかりました。


なんとスプールBBやピニオンドライブギアなどが、塩ガミと錆でガチガチ! これは、担当の技術スタッフは腕が鳴りますね……



錆びたり消耗したりした部品は、もちろん新品と交換します。

ここから、内部をバラして汚れや古いグリスを洗浄し、新品のパーツとともにグリスアップしながら元通り組んでいきました。


オーバーホールの結果!


不具合が見られる部品を交換し、点検・調整含むオーバーホールを行い完了! 技術スタッフの活躍により、無事に不具合は解消しました^^


今回かかった費用は以下のとおりです。

SLPへお預けを検討されている方は、ぜひ参考になさってください。


◆交換部品:ボールベアリング(複数)、クラッチプレート、ピニオンドライブギアセット他

◆交換部品代:¥18,000(税抜)

◆手数料:オーバーホールPコース¥3,800(税抜)



こちらが作業終了後のリールです。見た目もきれいになりましたね^^

オーバーホールしたことにより、異音がなくなり回転もスムーズに! これで隣の人に見られなくて済みます(笑)


SLPは、ダイワのアフターサービスセンターです。

ダイワの釣り具の修理、オーバーホールはSLPが手掛けています。

お気軽に販売店様にお預けください^^


また、SLPには「会員サービス」もございます。

会員様限定の特別なサービスをご用意。この機会にご入会してみてはいかがでしょう?

皆様のご入会、お待ちしております!