アンケートで頂戴したご質問へ回答します!

2020.03.25

先日実施したSLPのご利用に関するアンケート、皆様たくさんのご協力誠にありがとうございました。

そこでお客様よりいくつかご質問をいただいたため、今回はそれにお答えしていきたいと思います^^


・ハンドルなどが社外品の場合は純正品に戻さないと見てもらえないの? せめてカスタム部分以外は見てほしい。

→こういったご要望は非常に多いのですが、社外製カスタムパーツは材質や強度など仕様が不明であり、当社の技術的ノウハウに沿わないものも存在しております。また、作業時点における市場への流通状況も把握しておりません。

万が一の際に保証ができかねますので、基本的に社外品は純正品に戻すようお願いしております。ハンドルなど作業時に触らなくても良いという箇所の場合は、その旨を修理カードに記入してください。

どうしてもそのまま……という方は、カスタムパーツの破損、傷などの保証は一切致しかねることへのご了承の旨をご記入の上、お預けくださいますようお願いいたします。


・そもそも修理の出し方が分からない。また、SLPと直接やり取りはできないの?

→SLPへご依頼の際はご購入店、またはお近くのダイワ製品お取扱店様へお預けください。修理カードはその場でご記入いただきます。

離島にお住まい、通販でご購入など直接やり取りが必要な場合は、SLP直通サポートサービスをご利用ください。


・日常的にできる簡単なメンテナンス方法を知りたい。

→使用後は流水でよく洗い流し、風通しの良い日陰でしっかり乾燥させましょう。使用頻度に応じた適切な箇所への注油も必要です。

リールの機種別メンテナンス詳細は、以下のコラムをご覧ください。

スピニング両軸、ベイト電動ボールベアリング


・マグシールドが大丈夫なのか不安。どのくらいの頻度でメンテナンスに出すべき? また、オーバーホール時にマグシールドもメンテナンスしているの?

→マグシールドに劣化や流出はありませんが、そのほかのパーツの消耗を考えて年に一度のメンテナンスを推奨しております。

また、マグシールド部分のメンテナンスはオーバーホールに含まれる基本作業です。


・古いリールはどこまでがサポート対象? 部品がないともうオーバーホールしてくれないの?

機種の新旧に関わらずオーバーホールは受付可能です。パーツはカタログ落ちから最低6年間は保有しており、それ以降は在庫がなくなり次第供給は終了させていただきます。

6年経過後もパーツ在庫がある限り対応はしており、パーツ在庫がなくなっても、基本性能を満たしていればパーツ交換せずにオーバーホール可能です。


アンケートの結果ユーザー様よりご質問をいただいたため、目立ったものをピックアップして回答させていただきました。いかがでしたでしょうか?

お預けの際の「ちょっと気になる」や、メンテナンスに関する皆様の素朴な疑問を解決できていたら何よりです^^

 

今後もお客様の声に精一杯お応えしていきますので、SLPならびにSLP PLUSをよろしくお願いいたします!